近所に猫が居て、

基本ぼくは猫には逃げられることが多かったのだけれど、その猫はなぜかすり寄ってきた。何度かそういうことがありぼくはこっそりカリカリを買ってきてやるようになった。結構ながい間そういう幸せな時期を過ごしたのだけど、最近あまりカリカリを食べなくなった。そしてなんとなくよそよそしくなってきて、嫌われたのかなと思いながらもカリカリを買い与えていたのだけどやがて姿を消した。落胆した日々が続いたがある日どこかの家で飼われているのを発見した。幸せそうに何か食べる姿を見て、ああ幸せになったんだねよかったとは思えず、ただただ怒りがこみ上げてきた。ぼくの気持ちはなんだったんだろう。しかしどんな不条理に感じようと、それは猫にとっては正しい行動に違いない。しかしそれが正義だとしても、ぼくにとっての正義ではないね。それぞれの正義がまったく別の方向に向いていたことはただただやりきれなくて悲しい。はじめは同じだったのに。

comment

No title

猫も人間も 気まぐれだよ。
俗に言う 世渡り上手な人が 私は好きじゃない。
あっちで他人の文句を言い こっちで違う文句を言う。
結局 誰にも自分の内を明かさず 隙がない。
それが1番いい方法だとしても 私は許せない。

No title

ユングのいうペルソナという奴だね。
相手によって態度を変えるというのはいい加減な人にみられかねないな。
ただ好きな人には気分よくなって、嫌いな人には嫌悪するのは気持ちとしてはわからなくはない。
自分が好かれている対象なら問題ないけど、嫌われてる対象だと差別に感じる。
愛されているなら何も問題ないんだけど、なかなか難しいね。
みんなと同じように愛されたいなら、みんなを同じように愛すしかないということかな。

No title

幸せなうちにソの猫を犯しておケばよかったのでわ・・・

No title

残念ながら猫は犯せない。だって猫だからね。他の猫とはやりまくってるのに。
ほんとぼくは馬鹿みたいだよ。
Secre

Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性癖:受け

仲良くなれればいいね。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
https://niranomori.x.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード