病院いっ

てきた。
結論からいうと今回も一か月様子見になった。
しかし今回は次の手術の話が出た。

診断前の検査では視力が前回の0.8から0.4に下がっていた。
これは網膜剥離が進行しているということだろう。
自分から見ても霞んでるエリアが広がっているのがわかる。

診断時の話では
網膜の漿液がかなり無くなってきたのでそろそろ次の手術をしようという話になった。
漿液はかなり減少しており、次の手術が可能となった。
色素上皮が盛り上がっており、これを手術で抑えようという話を言われた。
そこで医者のほうからいつ手術しましょうかというふうに問われた。
なんとなくもう少し様子を見たいようだった。
ぼくとしては網膜剥離も進行しているしすぐにでもやってほしいような気もするが、
医者の判断としてはもうちょっと待ちたいように見えた。
それは今回の漿液の減少がかなり前回より改善されたからだろう。
もうちょっと待てばかなりいい状態で手術できると見てるのだろう。
網膜剥離は進行しているが、進行が遅く、多少遅れてもなんとかなるという判断なのかもしれない。
しかしながらあまり待って進行が進んでさらに劇症化してもまずいかもという判断から、
こっちに判断をまかせて責任を回避しようという魂胆なのだろう。
正直こちらに訊かれてもどのタイミングで手術すればいいのかなんかわからない。
そこは責任を持って医者の観点から指示してほしかった。
そういう命を預かってる責任も含めて高い給料もらってるんじゃないのか。
卑怯だなあ、納得いかないなあと思いつつも、じゃあ来月にしますといって終わらせた。
手術は12万ほど。いまとなっては安く感じる。
そもそも漿液が今回かなり改善したのは、自分で調べて漿液の減少にはタンパク質分解消化酵素が有効らしいから、
必死でパイナップルやら納豆やら食べた成果だと思う。
ほんとうはそういうの薬として処方するもんじゃないのか。
治すための有効そうな方法は全部患者側が考えてやっていかないとだめなのか。
納得いかない。嫌になる。早く終わらせたい。

comment

Secre

Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性格:おとなしいほうだと思います
好きな食べ物:中華丼、ナポリタン、フルーツロール
苦手な食べ物:イカの塩辛
好きなタイプ:すっぴんの地味なデブ
苦手なタイプ:声の大きいひと
好きな場所:人の居ないところ
苦手な場所:ライブハウス(ライブに行く人間が気持ち悪すぎて吐く)

なかよくなれればいいね。
男ならくんで女ならちゃんで基本タメグチですがそれは友達ってそういうもんだし。
批判・中傷うけてたちます。死ぬまでお話しよう。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
http://niranomori.h.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード