伝える努力もせず誤解されて自分は悪くないなんて卑怯だと思うよ。

つまりそれがきみの愛の無いことの証拠だ。

20170125-0209

20170125-0209-001.jpg

好きじゃないなら近づかないでほしい。

そして近づいたら責任を持ってほしい。
飽きたからもういいとか、もう昔の話だとか、それはきみの決めることじゃない。
関係を元の状態に戻す能力が無いなら、軽々しく人と関わる資格なんかないよ。

20170119-0523

20170119-0523.jpg

愛があるのか無いのか分からない状態というのは愛が無いとはっきりしてる状態よりずっとストレスになる。

愛の無いような気がするが愛があると思い込ませようという必死の努力が、愛があるように見せられているだけではないかという不信感が、神経を擦り減らせる。そしてボロボロになって元通りにならないほど壊れてから、愛の有無などもうどうでもいいほど疲れ果ててから、失敗だったことに気付く。

契約によっていままで許せていたことが許せなくなる。

なんのメリットもない契約ですらしたがるのはきっとなんらかの根拠が欲しいからに違いない。そしてやがてその契約に自ら縛られて死ぬと。

QB

20170112-0405.jpg

きみに何が分かるのか。

きみが何をしてくれたのか。何も分わかってないくせに。分かろうともしなかったくせに。

近所に猫が居て、

基本ぼくは猫には逃げられることが多かったのだけれど、その猫はなぜかすり寄ってきた。何度かそういうことがありぼくはこっそりカリカリを買ってきてやるようになった。結構ながい間そういう幸せな時期を過ごしたのだけど、最近あまりカリカリを食べなくなった。そしてなんとなくよそよそしくなってきて、嫌われたのかなと思いながらもカリカリを買い与えていたのだけどやがて姿を消した。落胆した日々が続いたがある日どこかの家で飼われているのを発見した。幸せそうに何か食べる姿を見て、ああ幸せになったんだねよかったとは思えず、ただただ怒りがこみ上げてきた。ぼくの気持ちはなんだったんだろう。しかしどんな不条理に感じようと、それは猫にとっては正しい行動に違いない。しかしそれが正義だとしても、ぼくにとっての正義ではないね。それぞれの正義がまったく別の方向に向いていたことはただただやりきれなくて悲しい。はじめは同じだったのに。

はっきりしないまま関係を続けていると

時間が経てば経つほど認識のずれは大きくなりいずれそれはとりかえしのつかない状況になるのだった。

今年もあと726日となりました。

ありがとう2018年。
よいお年を。
Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性格:おとなしいほうだと思います
好きな食べ物:中華丼、ナポリタン、フルーツロール
苦手な食べ物:イカの塩辛
好きなタイプ:すっぴんの地味なデブ
苦手なタイプ:声の大きいひと
好きな場所:人の居ないところ
苦手な場所:ライブハウス(ライブに行く人間が気持ち悪すぎて吐く)

なかよくなれればいいね。
男ならくんで女ならちゃんで基本タメグチですがそれは友達ってそういうもんだし。
批判・中傷うけてたちます。死ぬまでお話しよう。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
http://niranomori.h.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード