中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(9)

今日は病院の日だったよ。
結局検査だけでレーザー手術はしなかった。
網膜に溜まった水についてはまだ残ってるが減りつつあるということでそのまま様子を見ようということだった。
視野の状態は前回と比べて自分的にはかなり曲がり方も酷くなっており、霞も強くなってて網膜剥離も進んでる気がするが視力検査ではそんなに悪くなってないのが不思議だった。
次はまた2週間後。
金のことより見えなくてなにやるにも不自由なのがつらい。
片目になって不自由なのは、鍵を鍵穴に入れるときに一発で入らないこと。こういうところで遠近感つかめなくなるっていうのははっきりわかるね。
あとなにやるにも不安になる。2つの眼で見てるというのはある意味「2回確認している」といえる。それが1回だけで判断しないといけないわけだから、結構なストレスになるよ。人間の眼というのは見えてるものそのままじゃなくて、残像や欠けてたりぼやけたたりして意外といい加減なもんのような気がする。そういうのを2つの眼で見て照合しているんだろうと思う。それが片方だけとなるとやはりかなり見えるものがあいまいになってしまうような気がするな。
あとは右側からくる車とか気づかないのが危ないかも。
ぼくが網膜をやられたのは、子供のころからテレビやらパソコンやらゲームやらでモニタをながめる生活をずっと続けてきたせいな気がする。普通はそういう環境なら視力が悪くなるものかもしれないが、ぼくは視力は悪くならなかった。その分、眼の奥のほうまで光のエネルギーが届いてしまって奥のほうが損傷したんじゃないかな。
そういう意味では目が悪くなるっていうのも、一種の防御反応だと思う。
ていうかほんとに治るのかこれ。

明日死ぬかもしれない人間が大人になる必要ってあるんでしょうか

(©スカイ・クロラ)

オナニーしない人間は信用しないようにしている

@

生理前の女と射精前の男は同じくらい狂ってる

@

みんなに愛されたい人はみんなに愛されるまでさびしいままなんだろう。

そしてそんないい加減な人間だれも愛さないという。
報われないね。

今年は花粉症が無かったよ。

病気というものは何かが出てくれば何かがひっこむというローテーション制となっております。

本日のネコヨケ(34本)

20150423-1800.jpg

動物診断の結果はオオツノシカだったよ。

@

山があるから登るのと同様に人がいるから殺すんだよ。

セックスはそれを回避するため生体の仕組みのほうが妥協した代替案だね。実際セックスして満足できたことなんかなかったはずだよ。

遠くでずっとゆっくりの声がきこえる

@

アナリティカルエンジンを実装しようと思う。

@

リアル単眼だけど

ちょっとかわいくなったかもしれない。

もうすぐ選挙だけど

今回は見送りの方向で。

ぼくときみ以外の人間が全員死んだら

多分ぼくはきみを殺すと思う。

20150415-1755 shinjuku

20150415-1755.jpg

20150415-1747 shinjuku

20150415-1747.jpg

20150415-1746 shinjuku

20150415-1746.jpg

中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(8)

大学病院いった。
そういえばこの病院には女医が多い。眼科だからか。
前々回は2人の医者に診てもらったが両方女医でぼくより若いんじゃないか。
1人目は活発な若い子で、2人目は落ち着いたお姉さんみたいな人だった。
前回は若い男の医者だったがこいつは新人だったな。イケメンだったがバカだった。ああこいつぼくよりバカだなと思った。
バカかどうかは自分より考える速さが上かどうかで大体わかるね。行動が読めてしまう。
というか周りの看護婦にバカにされてたな。実際段取りが悪くて見ていたこっちがイライラした。
なんだかここは女の医者のほうが聡明に感じたよ。
今日は前々回の一人目の女医に始めに診察受けた。
「髪切ったんですね」と言われ動揺した。急に診察と関係ないことを言うのはやめてほしいもんだ。
その後主治医のマックスむらいと3か月ぶりに会った。
バックれたことを咎められると思ったが意外と向うも気まずそうにしていた。
向うも何か負い目があるようだ。
やはりこんなに酷い状態になるとは向うも思っていなかったんだろう。
網膜剥離がかなり進んでるのにそれをはっきり言わない。
そういうところが信用できなくてバックれたのに。
その後主任教授の肩書のある一番偉そうな医者に通された。
この人の説明は良く分かったし納得できるものだった。
やはり偉い先生は説明が上手い。
というかこういう人を通されるということはやっぱり相当なことなのかと少し不安になる。

状態としては
中心性漿液性網脈絡膜症は間違いないが
劇症化して絡膜から網膜側への液の漏出が大量になってしまい
かなり網膜剥離が進んでしまったということ。
そしてそのために既に網膜にシワができてしまっているということ。これは後遺症が遺るということだろう。
治療の方針としては
まず漏出している液を止めるためにレーザー手術を行う。
その後に網膜剥離の手術。
ということ。

レーザー手術はすぐに行うことになった。
手術といっても切ったりするわけではなく、レーザーを当てるだけだが、
まず目薬の麻酔を指し、なにか強制的に目を開かせる器具を目にはめこむ。
麻酔のせいでそれほど痛くはないがなにか目に突っ込まれてる感はある。
結構グイグイ押してくるので目玉を押すときの痛さは感じる。
麻酔のせいか機械のせいかなぜか星がチカチカするのが見える。
レーザー射出時はやや眼の裏が暖かく感じるだけで痛いというのはない。
ないが目の裏が暖かくなることは普通はないだろう。
ここまで正直なにをやられてるのかははっきり分かってないが
あまり考えないほうがいいんだろうし、
向うもあんまり考えさせないようにしようとしてるようにも感じた。

治療費は保険適用後で3万程度だった。
いまとなっては安く感じる。
今回の結果が出るのが2週間くらい後。
それから本格的な手術かな。
どこまで延びる無職期間ぞ。

眼を瞑ると見えるもの(2)

幾何学的な迷路模様を持った斑点がなかなか消えない。

20150412-2333.png


Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性格:おとなしいほうだと思います
好きな食べ物:中華丼、ナポリタン、フルーツロール
苦手な食べ物:イカの塩辛
好きなタイプ:すっぴんの地味なデブ
苦手なタイプ:声の大きいひと
好きな場所:人の居ないところ
苦手な場所:ライブハウス(ライブに行く人間が気持ち悪すぎて吐く)

なかよくなれればいいね。
男ならくんで女ならちゃんで基本タメグチですがそれは友達ってそういうもんだし。
批判・中傷うけてたちます。死ぬまでお話しよう。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
http://niranomori.h.fc2.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード