先日久しぶりにネカフェに行ったんだけど

土曜日で、さらに雨のせいでどこのネカフェも満員だった。
そして高級なネカフェほど行列ができてた。
高級なネカフェほど混んでるのは、カップルが利用するからだね。
安いネカフェはデートには利用されないだろう。
最も安いネカフェで、喫煙席しかないですがどうですかと言われてとりあえずそこに決める。
漫画読もうかどうしようかとなんとなく考えながら漫画の棚をうろうろしてると
どこかで怒鳴り合いが聞こえてきた。
どうやらどこかの客が電話していて、それが五月蠅いということで隣の客が文句を言ってたようだった。
電話してたのは声からして50歳くらいの女性、
文句を言ってたのは30歳くらいの男性。
女性は普通におそらく友人と通話していたところを、
男性から「うるせーよ!」と言われてしまった。
男性が注意したが女性はすぐには電話をやめなかった。
男性はしばらくしてまた怒鳴る。
女性は「すみませんね」と不遜な態度で返す。
それでもとりあえず通話を止める。
それで喧嘩は終わったかのようにみえたが
しばらくして女性が「なんだよおめー!」と逆に文句を言う。
男性は「うるせーんだよ!」と返すが女性は「うるさくねーよ!」と返し押し問答。
女性の話としては、こっちは金払って使ってんだから電話する権利があるということだった。

実はここから先はぼくが用事でネカフェを出て行ってしまってどうなったかはわからない。
別のお客さんが店員を呼び出しにいってたような気がする。
ネカフェの極薄の壁の部屋の中で電話なんかすると声は筒抜けで隣にいる人はすごく迷惑ではある。
女性は遠くにいるぼくにもはっきり声が聞こえるほど大きい声で話していたので隣の人はいわずもがなだろう。
ぼくなんかは電話使うときは一旦外に出て通話している。
金払っているからどう使おうが勝手だという主張はやはり外部に影響が無いことが条件で成り立つことだろう。
なのでまあほぼおばちゃんが悪いのだけど、
注意したあんちゃんも言い方があったかもしれない。
いきなり怒鳴ると、たとえ相手が悪くても喧嘩になってもしょうがないかなあとは思う。
やはり「静かにしてくれますか」とものごし柔らかに忠告するのがいいのかな。
ぼくなら、喧嘩になるのが嫌なので、ばれないように遠くから水ぶっかけるかも。

みんなも知らないうちにだれかに憎悪されてるかもしれないので
周りに人のいる場所では静かにじっとしていよう!

耐えられない現実を受け入れるために

先日テロリストが移民を虐殺する動画を観たんだけども
それを見てそういえば日本人も処刑されてたなと思いだした。
そのときはなぜか処刑された日本人がバッシングされてたような気がする。
そのときは理解はできないがそういう考え方もあるのかなと思ったのだけれど、
最近そういう観るに堪えない動画を観るにあたって、なにか理解するために理由を用意する必要を感じた。
単に殺されるだけならあまりにも酷すぎる現実を理解する理由を。
たとえば殺されるのはその人が悪人だったからとか。
そんなふうに考えたところで何も解決はしないけれど、ひとはそれを受け入れるためにそう思い込ませようとする。
もちろんほんとうに悪いひとかもしれないけども、真実なんて正義なんてだれもわからんしね。
しかし逆にいえば理由があればどんな現実をも受け入れられるということでもあるか。
いまのどうしようもない現実をどう理由づけて言い訳するかが
この無職生活を楽しく生きるか、沈鬱に過ごすかを決定するということになるかな。

眠い

20140603-0247.png

面接結果

バイトの面接にいったらそれは派遣だった。
派遣会社は派遣登録を要請してきた。
まあ騙された感はあったが申請用紙を何枚も書き登録をした。振込口座まで書いた。
結果は合格してたら2日後に通知するということだった。
まあバイトに落ちても登録だけしておこうと思っていた。
結果が来ないのでバイト落ちたのかなと思ったが
登録をしていたら別の案件がくるかなと思っていたが
もしかしてと思い
登録はできていますよねと確認電話をいれたところ
いえ登録自体に不合格でしたということだった。
まあそれはしょうがないことだけどね。
次からウィルエージェンシーにもヒバライドットコムにも行かないようにしよう。

マジで生きてる意味が無いな。

だが不思議なことに死ぬ理由も無くなってきた。
なんの気持ちも無くなって、
やがて消滅するのだろう。
Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性癖:受け

仲良くなれればいいね。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
https://niranomori.x.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード