眼のつづき

今月のはじめに病院いった。
検査の結果、順調にいってるということを言われる。
ぼくは視野の歪みは全然治ってないんですがと伝えた。
そして、以前言っていたレーザー手術をお願いしますと訴えた。
医者の回答は、視野の歪みは治らないというものだった。
レーザー手術は、あくまで網膜剥離を改善するためのもので、歪んでしまった網膜はどうしようもないと。
ぼくは少し勘違いしていたらしい。網膜の歪み自体を治すことができる手術があると思いこんでいたが、そうではなかったらしい。
次は3か月後でいいと言われた。
多分これからは定期健診のみで、治療することはないんだろう。
網膜の歪みが治らないんじゃないかという予測はあった。
レーザー手術は網膜の穴を塞ぐ。
しかし網膜の歪みなんていう微妙な症状を治す手段なんて無いんじゃないかとは思っていた。
しかし現代医学はなにか画期的な方法を編み出しているに違いないと微かな希望を持っていた。
ぼくはこれからずっと左目で見える像とその半分くらいの大きさでグンニャリ歪む右目の像のギャップで吐きそうになりながら毎日を過ごすのかとやや絶望し、
次からこの病院に通うの辞めようかななどと考えた。

眼のつづき

先月検査があったけど更新めんどくさくて書いてませんでしたごめんなさい。
視力検査の結果は両方1.2で問題なし。
眼底検査の結果については教えてもらってない。
主治医からは網膜に溜まっている液が減ってきて網膜剥離はかなり改善したと言われたが、
網膜の張り付いている壁(色素上皮)がデコボコになって見えるものがかなり歪んでることについては何も言われなかった。
骨折した際に一度手術を待ってもらうように頼んだが、もしかするとそれが手術を断ったととられたのかもしれない。
次に行ったときに確認する必要がある。
そして今回も2ヶ月様子を見ようと言われた。
網膜剥離で緊急手術する危険は無いということだろうけど、
色素上皮がおかしいことについては向こうも諦めモードなのかもしれない。
次の検査は2月。結局1年経っちゃったなあ。。

眼のつづき

だんだん今の状態に慣れてきてしまって病気であることを忘れてしまう。
大学病院に行ったよ。
眼の検査では、視力検査が前回よりまた改善し、0.8から1.2になった。
あと眼のカスミが若干軽くなった気がする。
医者からは手術のことは言われなかった。また様子を見ようと言われた。今度は2ヶ月と。
もしかして手術は無くなったのか。でも視界の歪みは変わらない。
正直、これで治ったことにされるのは困る。視力がいいのと、まともに見えてるのとは違う。
片目だけ水面越しに何かを見るような歪みがあるのは見えないのと同じだと思う。QOL考えてないんだろうか。
まあ所詮他人の眼玉だしな。どうでもいいんだろう。
ただぼくのほうも今は眼どころではなく、腕が不自由になってるのでいっぱいいっぱいなので自分からどうのこうのは言わなかった。
しかしあの医者が前回きたときに骨折したのを見て半笑いだったのはムカつく。
ぼくのあの医者に対する信用ゲージが限界近くまで下がってきている。

眼のつづき

左手が使えるようになってきたので更新デス。
2つもケガしてるとモチベーションだださがりやわ。
ただでさえ長いこと鬱っぽいのひきづってんのに。

そういうことで眼で大学病院いってきました。一週間くらいまえ。
早く着いたので朝ごはん食べようと思ったけど食堂が朝なのにほぼ満員なので却下。
コンビニでおにぎり買って外のベンチで食べる。片手が使えないので苦心しながら。
落とし掛けたときにうっかり左手にチカラを入れてしまい激痛。

視力検査で眼がよくなってた。0.4から0.8になってた。
前回は見えないときは「見えません」と答えてたんだけど、
今回は方針を変えて勘で答えてみたのがよかったのか。
ていうかあれって当たるまでやらせてるんじゃないのか。免許更新の視力検査か。

主治医との診察で、今回は網膜剥離の手術についてそろそろやろうかという話になってたのだけれど、
はじめの検査で視力が回復しており、実際網膜に溜まっていた漿液がほぼなくなっていて
あと骨折のことももしかしたら気にされたのかもしれないが
また一か月様子見になった。
今回だけはちょっと前に骨折で手術したところで気分的に手術に乗り気にならなかったので
様子見になってたすかった。
かといって眼の状態がよくなってたとは思えない。
視力がよくなってたのは、勘が当たってたのもあうが多分視力検査の前にスマホ見て無かったからだと思う。
スマホながめてた直後ってちょっとの間遠く見ずらい。それだけのことのような気もしたけど、まあ余計なことはいわんとこうと思た。
しかし骨折して包帯でぐるぐる巻きなのに「大丈夫ですか」としか聞かず、それにちょっと半笑いなのにはちょっとイラっとした。なにわろとんねん。

そんなかんじデス。

病院いっ

てきた。
結論からいうと今回も一か月様子見になった。
しかし今回は次の手術の話が出た。

診断前の検査では視力が前回の0.8から0.4に下がっていた。
これは網膜剥離が進行しているということだろう。
自分から見ても霞んでるエリアが広がっているのがわかる。

診断時の話では
網膜の漿液がかなり無くなってきたのでそろそろ次の手術をしようという話になった。
漿液はかなり減少しており、次の手術が可能となった。
色素上皮が盛り上がっており、これを手術で抑えようという話を言われた。
そこで医者のほうからいつ手術しましょうかというふうに問われた。
なんとなくもう少し様子を見たいようだった。
ぼくとしては網膜剥離も進行しているしすぐにでもやってほしいような気もするが、
医者の判断としてはもうちょっと待ちたいように見えた。
それは今回の漿液の減少がかなり前回より改善されたからだろう。
もうちょっと待てばかなりいい状態で手術できると見てるのだろう。
網膜剥離は進行しているが、進行が遅く、多少遅れてもなんとかなるという判断なのかもしれない。
しかしながらあまり待って進行が進んでさらに劇症化してもまずいかもという判断から、
こっちに判断をまかせて責任を回避しようという魂胆なのだろう。
正直こちらに訊かれてもどのタイミングで手術すればいいのかなんかわからない。
そこは責任を持って医者の観点から指示してほしかった。
そういう命を預かってる責任も含めて高い給料もらってるんじゃないのか。
卑怯だなあ、納得いかないなあと思いつつも、じゃあ来月にしますといって終わらせた。
手術は12万ほど。いまとなっては安く感じる。
そもそも漿液が今回かなり改善したのは、自分で調べて漿液の減少にはタンパク質分解消化酵素が有効らしいから、
必死でパイナップルやら納豆やら食べた成果だと思う。
ほんとうはそういうの薬として処方するもんじゃないのか。
治すための有効そうな方法は全部患者側が考えてやっていかないとだめなのか。
納得いかない。嫌になる。早く終わらせたい。

病院いってきた

精密検査の結果は、

・網膜内にまだ水が溜まっている
・網膜に空いた孔は前回のレーザーで無くなっている

ということだった。
今回はレーザー手術する予定だったけど孔は無くなっているのでレーザーは必要ないだろうということになり、
ただまだ水自体はまだまだ残ってるので、もう一か月自然に吸収されるのを待とうということになった。
つまりまた一か月様子見。
視力自体は白く霞んでるにもかかわらずなぜか0.8もある。そのせいで医者も緊急性が低いとか思ってるんじゃなかろうか。
どんだけ視界がぐちゃぐちゃか知らせてやりたいわ。

それはいいとして
今回は検査で造影剤の点滴があったんだけど、医者が針を刺すのに3回ほど失敗してた。
ぼくは注射針で失敗することがまあまああるけど3回も失敗されたのは初めてだよ。
ああいうのは医学部で教えないのか。教えてアレなら現代医学終わってんな。
というか大学病院のせいかいろいろ作業する医者がみんな若い。
看護士より若い。そういう若手にいろいろ経験を積ませているように見える。
練習台にされるこっちはたまったもんではないな。
主治医の診察のときも若いのに目を見せて確認させてる。
そういうのばかりチカラ入れて治療の方に手抜きがないよう祈るばかりだよ。
ああもう7月か。半年以上経ったな。
働くかどうか、それが問題だ。

中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(11)

つづきです。
報告できることは何もないんだけども。
結果から言うと今回も様子見。次は1か月後。
検査結果としては、視力は変化なし。網膜に溜まった水についてはまだ残っている。
とくに下のほうに溜まっている分があまり減っていないということだった。
1か月後に2回目のレーザー手術をしようということになった。
レーザー手術の費用自体は何回やっても同じらしいので費用がかさむことはないらしい。
だからといってどんどん先送りにされるのはこっちが迷惑なんだけど。

現状としては右眼は実質使い物にならない。
視力はややあるものの、歪みはあるし暗いしで使えない。
使えない分片目だけで見てるようなものなので、モノが二重になる程度も弱いので中途半端に見えるよりはマシ。まだ中途半端ではあるが。
治療期間が長引いている不安はある。後遺症もあるだろう。
日常生活についてはなにもやってないからいいけどなにか作業するとなるとやはりつらいかな。
スマホなりモニタなり見る分にはそれほど問題ないけど遠近感が必要な日常生活はつらいかな。
お店でモノ買ってお釣り貰うときに、ちょっとズレてうまく受け取れない。
階段でよく見ないと足を踏み外しそうになる。いっそ見なければいいんだろうけど。
あとゲームするときも激しく動く場面でわけわかんなくなるな。
これは遠近感ではないけど両目が単眼になったことで確認できるフレーム数が減ったからじゃないか。

単眼生活もかなり慣れた。慣れてきてることは自分としては意外なことだ。
人間どんな苦しみにも慣れてしまうということは感じる。
きっとどんな重い病気にも、時間かければ慣れてしまうんだろう。
でも心の傷はなかなか治らないな。いや治りつつはあるんだろうけど身体的な傷より治りが遅い気がする。
それは結局キズを何度も思い出して再生してしまってるからだろう。
記憶するという機能は、便利なようでもあるが余計なものも覚えてしまうんだろう。
そういう意味では記憶力のいいひとはいつまでもキズが消えないのかもね。
永遠に苦しむのは御免だなあ。忘れるべきか、忘れないように心に刻むべきか。

そういうことで単眼ライフは続くのであった。

中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(10)

病院いってきたよ。
2週間ぶりだった。
検査の結果は視力は悪くなってた。
検査直前にスマホいじってた影響もあるような気もするが。
実際カスミが前より強くなってる。
視野が歪んでる分には中にたまってる水の影響かなとも思うけど
霞んでるのはやはり網膜剥離のせいだろう。
視野の上部から見えなくなってる。
上からということは網膜は下から剥がれてるということ。
外界の光は水晶体を通り反転して網膜に届く。
下から剥がれるのは、おそらく溜まった水が重力で下に多く溜まるのでその分剥がれやすくなるんじゃないか。
検査のとき、検査の機械を覗いて印のある方向を目を向けるように指示されるのだけど、
そもそも見えないんだから印がどこにあるかわからない。
眼の検査のジレンマやね。
見えないといっても強い光があたってる場合はなんとなく見える。
光源が弱いとほぼ見えない。
夜なんかは多少明るいくらいだと全く見えない。
検査中は瞳孔を開く目薬を指されぼやけてスマホ画面も判別できないほどぼやける。
検査中はかなり強い光を目に当てるので、それ自体目に悪いんじゃないかと心配ではある。

検査のあとは診察。
いつもの主治医。
彼がいうには溜まった水は退きつつあるという。
なのでもう少し様子を見ようということになった。
1か月様子を見ようという。
カスミが強くなってるのにいいのかとは思ったが
既にレーザーを当てて経過を見てる段階で、
それにそもそも検査自体が結構眼に負担で、何度もやろうという気が起きないのもあり
なかなかセカンドオピニオンという気になれない。
レーザーを当ててから一か月になる。
次に来たときには二か月経ってることになる。
レーザー凝固手術というのはそんなに経過がゆっくりなのか。

病院の会計のときの窓口が①から⑩まであるんだけど、
④と⑨が無かった。やはり縁起悪いからなんだろうけど、
待つときの整理券は4も9もあったから、結構テキトウなんだなあと思った。

視界が強く歪んだころから、視野の一部にちらつきのようなモヤモヤが発生している。
これはおそらく網膜に孔から水が流れ出してるせいじゃないかと思う。
このちらつきはまだ治まらない。
片方の眼の視力が悪くなったことで、
見え方は逆にラクになった。
中途半端に見えてるとどっちに合わせていいか迷って余計に疲れるんだと思う。
そしてこの状況にも脳が慣れてきたんだろう。
相変わらず作業はなにをするにも不自由だけれど。

正直やや自暴自棄になりつつある。ちょっとだけね。
でも、あんまり自暴自棄になると、
せっかく自分の為に積み重ねてきたものが無駄になるような気がして考え直す。
そんなことでは何も守れないし。
平気で人を傷つける人間にはなりたくない。

中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(9)

今日は病院の日だったよ。
結局検査だけでレーザー手術はしなかった。
網膜に溜まった水についてはまだ残ってるが減りつつあるということでそのまま様子を見ようということだった。
視野の状態は前回と比べて自分的にはかなり曲がり方も酷くなっており、霞も強くなってて網膜剥離も進んでる気がするが視力検査ではそんなに悪くなってないのが不思議だった。
次はまた2週間後。
金のことより見えなくてなにやるにも不自由なのがつらい。
片目になって不自由なのは、鍵を鍵穴に入れるときに一発で入らないこと。こういうところで遠近感つかめなくなるっていうのははっきりわかるね。
あとなにやるにも不安になる。2つの眼で見てるというのはある意味「2回確認している」といえる。それが1回だけで判断しないといけないわけだから、結構なストレスになるよ。人間の眼というのは見えてるものそのままじゃなくて、残像や欠けてたりぼやけたたりして意外といい加減なもんのような気がする。そういうのを2つの眼で見て照合しているんだろうと思う。それが片方だけとなるとやはりかなり見えるものがあいまいになってしまうような気がするな。
あとは右側からくる車とか気づかないのが危ないかも。
ぼくが網膜をやられたのは、子供のころからテレビやらパソコンやらゲームやらでモニタをながめる生活をずっと続けてきたせいな気がする。普通はそういう環境なら視力が悪くなるものかもしれないが、ぼくは視力は悪くならなかった。その分、眼の奥のほうまで光のエネルギーが届いてしまって奥のほうが損傷したんじゃないかな。
そういう意味では目が悪くなるっていうのも、一種の防御反応だと思う。
ていうかほんとに治るのかこれ。

中心性漿液性網脈絡膜症が再発したよ(8)

大学病院いった。
そういえばこの病院には女医が多い。眼科だからか。
前々回は2人の医者に診てもらったが両方女医でぼくより若いんじゃないか。
1人目は活発な若い子で、2人目は落ち着いたお姉さんみたいな人だった。
前回は若い男の医者だったがこいつは新人だったな。イケメンだったがバカだった。ああこいつぼくよりバカだなと思った。
バカかどうかは自分より考える速さが上かどうかで大体わかるね。行動が読めてしまう。
というか周りの看護婦にバカにされてたな。実際段取りが悪くて見ていたこっちがイライラした。
なんだかここは女の医者のほうが聡明に感じたよ。
今日は前々回の一人目の女医に始めに診察受けた。
「髪切ったんですね」と言われ動揺した。急に診察と関係ないことを言うのはやめてほしいもんだ。
その後主治医のマックスむらいと3か月ぶりに会った。
バックれたことを咎められると思ったが意外と向うも気まずそうにしていた。
向うも何か負い目があるようだ。
やはりこんなに酷い状態になるとは向うも思っていなかったんだろう。
網膜剥離がかなり進んでるのにそれをはっきり言わない。
そういうところが信用できなくてバックれたのに。
その後主任教授の肩書のある一番偉そうな医者に通された。
この人の説明は良く分かったし納得できるものだった。
やはり偉い先生は説明が上手い。
というかこういう人を通されるということはやっぱり相当なことなのかと少し不安になる。

状態としては
中心性漿液性網脈絡膜症は間違いないが
劇症化して絡膜から網膜側への液の漏出が大量になってしまい
かなり網膜剥離が進んでしまったということ。
そしてそのために既に網膜にシワができてしまっているということ。これは後遺症が遺るということだろう。
治療の方針としては
まず漏出している液を止めるためにレーザー手術を行う。
その後に網膜剥離の手術。
ということ。

レーザー手術はすぐに行うことになった。
手術といっても切ったりするわけではなく、レーザーを当てるだけだが、
まず目薬の麻酔を指し、なにか強制的に目を開かせる器具を目にはめこむ。
麻酔のせいでそれほど痛くはないがなにか目に突っ込まれてる感はある。
結構グイグイ押してくるので目玉を押すときの痛さは感じる。
麻酔のせいか機械のせいかなぜか星がチカチカするのが見える。
レーザー射出時はやや眼の裏が暖かく感じるだけで痛いというのはない。
ないが目の裏が暖かくなることは普通はないだろう。
ここまで正直なにをやられてるのかははっきり分かってないが
あまり考えないほうがいいんだろうし、
向うもあんまり考えさせないようにしようとしてるようにも感じた。

治療費は保険適用後で3万程度だった。
いまとなっては安く感じる。
今回の結果が出るのが2週間くらい後。
それから本格的な手術かな。
どこまで延びる無職期間ぞ。
Pagetop6
プロフィール

韮崎圭介

名前:韮崎圭介
性別:男
生年月日:1971.5.11
趣味:オナニー、ゲーム
住所:新宿区
性癖:受け

仲良くなれればいいね。

ツイッター:
https://twitter.com/niranomori

ピクシブ:
http://pixiv.me/niranomori

メール:
niranomori@yahoo.co.jp

ホームページ:
https://niranomori.x.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ1

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード